Header Image

転職活動を始める時は退職前にする?退職後がいい?

転職活動を始める時は退職前にする?退職後がいい?

転職活動を退職前に行うメリットとデメリット

転職活動を始めるときは、退職前か退職後に行動すればいいのか、どちらが正しいのか悩む人も多いですよね。どちらにも一長一短があるため、現在の環境や自分の性格などから、それぞれのメリットやデメリットを踏まえて考えるとよいでしょう。退職前の在職中に転職活動を始めた方が生活面で不安なく、精神的にゆとりを持って仕事探しが始められというメリットがあります。そして、早めに行動することで企業を選ぶ時に妥協せず、時間をかけて仕事を見つけることができます。

退職前の転職活動のデメリットは、在職の仕事があるため、転職活動の時間が取れないこともあります。仕事が見つかって採用試験や面接を受けたくても、平日以外の夜や土日の曜日に対応していない企業もあり、平日出勤の方は活動が難しいと感じるかもしれません。しかし、企業の中には夜や土曜に対応してくれるところもありますし、採用試験や面接日は有給を活用するという手段もあります。

転職活動を退職後に開始するメリットとデメリット

退職後の転職活動を行うメリットは、時間の余裕があるため転職活動に集中できるというところです。いくつかの転職フェアやセミナーに参加して自己啓発の時間を作ることもできるので、自分に合う仕事やキャリアアップを見据えた仕事探しを進められるところも魅力です。デメリットは、すぐに転職先が見つからないと、生活面や精神面に焦りがでてくることもあります。次の会社がなかなか決まらなければ、ブランク期間も長くなって採否にも影響することもあるため、スケジュールを立ててから転職活動を始めましょう。

仕事探しでは、短期や長期、日勤や夜勤など勤務体制があります。自分のライフスタイルに合った仕事内容や、勤務時間を選ぶ事が大切です。

Top Menu
Main Menu
Social profiles