Header Image

初心者必見!ドライバーを目指す前にトラックの種類を覚えよう!

初心者必見!ドライバーを目指す前にトラックの種類を覚えよう!

運転に慣れていない人でも活躍できる軽トラック

安定した収入を得ることが出来るトラックドライバーの仕事に就こうと考えている人はまず、運転するトラックの種類を把握しておいた方が良いでしょう。それはなぜかと言うと、トラックの種類で業務内容が大きく変わるからです。そんなトラックの種類ですが、まず最初に紹介するのはトラックの中で最も運転しやすい軽トラック。主に配送で使われる軽トラックは小回りが利き、狭い道路でも活躍します。しかし、積載量が少ないので何度も倉庫に戻って荷物を積む必要があります。

さまざまな荷物を取り扱う小型トラック

3トン未満の荷物を運ぶことが出来るのが小型トラックです。このトラックは街中で活躍することが多いトラックで運ぶ荷物は多種多様。個人宅へ宅配物を届けたり、企業へ荷物を配送することもあります。また、小型トラックは引越し業者が導入していることが多いという特徴もあります。

中距離を得意とする中型トラック

中型トラックは商品を倉庫や工場から小売店へ配送するのがメインの仕事です。倉庫や工場が郊外にあることが多く、100kmを超えるような中距離を運転することもあります。中型トラックになると高い運転スキルも必要になるので、まずは小型トラックで経験を積んでから中型トラックのドライバーを目指すと良いかもしれません。

広い範囲を輸送する大型トラック

トラックと聞いて最初に想像するのはこの大型トラックではないでしょうか。トラックドライバーの憧れでもある大型トラックの仕事は主に都市間の輸送です。目的地にもよりますが、何日もかけて荷物を輸送することも多く夜中まで運転が続くこともあるようです。場合によっては1日の走行距離が1000kmを超えることもあるでしょう。長距離を運転することにストレスを感じないと言う人なら、大型トラックでの仕事に向いているかもしれません。

売り手市場が続いているトラックドライバーの求人ですが、主な仕事内容は、荷物の配送、宅配であり、各現場での荷物の積み込みや荷下ろしも業務に含まれていることがほとんどです。

Top Menu
Main Menu
Social profiles