Header Image

タクシーとトラックならどっち?2つのドライバー求人を選ぶためのヒント

タクシーとトラックならどっち?2つのドライバー求人を選ぶためのヒント

タクシードライバーとトラックドライバーの違い

タクシードライバーとトラックドライバーの違いは、大雑把に言えば「運転する車種」と「運搬物の内容」です。タクシードライバーの場合、基本的に二種免許で運転できる車種が多く、「人(乗客)」からその場で依頼された場所まで運送するのが一般的な仕事です。トラックドライバーの場合、トラックを運転するための免許が必要になり、運搬物は大きな荷台でないと運搬できないような「大量の品物」や「重量物」が殆どです。

それぞれのドライバー職に資格・スキルな必要は?

当然ですが、トラックドライバーにはトラックを運転するため、最低でも中型免許は取得している必要があります。またドライバー自身が運搬物を載積・荷卸することも多いので、ある程度の腕力や体力が求められます。タクシードライバーの場合、東京都・大阪府・神奈川県での勤務は地理試験の合格が必須となるほか、観光タクシーなど海外からの乗客と話せる語学スキルを求められる職業もあります。

タクシードライバー求人は「ブラック求人」に注意!

タクシードライバーの求人は「ホワイト(優良)とブラック(劣悪)の差が大きい」として知られているほど、各会社の勤務環境に差があります。特に給料やボーナスなど収入関係の差は激しく、近隣の会社でも「年収が100万円近い差額がある」「ボーナスが正当に支払われない」ということも珍しくありません。求人を探す際は一社ずつ会社情報を詳しくリサーチしましょう。

トラックドライバーの求人は「トラックサイズ」に注目

トラックドライバーの求人は、運転するトラックのサイズが異なる場合があります。大型トラックの求人は中型よりも高給ですが、慢性な人手不足という問題を抱えているため、仕事内容がさらにハードになってしまうものの、中型よりも高い確率で採用されます。安定した仕事をとるか、体力勝負をとるか、よく考えて選びましょう。

ドライバーの求人は人材不足の現場が多い影響で未経験でも応募できるものが多く、普通免許があれば入社できる可能性があります。

Top Menu
Main Menu
Social profiles